不景気.com > 国内倒産 > 三重の食品卸「ジャパンゼネラル」に破産決定、三瀧商事関連

三重の食品卸「ジャパンゼネラル」に破産決定、三瀧商事関連

三重の食品卸「ジャパンゼネラル」に破産決定、三瀧商事関連

三重県四日市市に本拠を置く食品卸の「株式会社ジャパンゼネラル」は、11月22日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1992年に設立の同社は、米穀卸の「三瀧商事株式会社」(四日市市)から分離独立するかたちで事業を開始し、食品の輸入卸販売を主力に事業を展開していました。

しかし、三瀧商事による米の産地偽装問題が明るみに出ると、架空伝票の作成などで偽装に関与した同社の信用も失墜したため、事業継続を断念し今年9月には債務整理の方針を明らかにしていました。

帝国データバンクによると負債総額は約69億円の見通しで、主力行の「第三銀行」は12億7300万円の債権取立不能のおそれを明らかにしています。

ジャパンゼネラル破産手続き開始 三瀧商事のコメ偽装に関与 - 47NEWS
第三銀行が債権12.73億円取立不能のおそれ、取引先の破綻で - 不景気.com

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事