不景気.com > 赤字決算 > インスパイアーの第2四半期売上高は2万3000円で依然苦戦

インスパイアーの第2四半期売上高は2万3000円で依然苦戦

インスパイアーの第2四半期売上高は2万3000円で依然苦戦

ジャスダック上場でITセキュリティーを手掛ける「インスパイアー」は、2014年3月期第2四半期決算短信を発表し、四半期売上高が2万3000円、同純損益が2371万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2014年3月期第2四半期連結業績:インスパイアー

売上高 営業損益 純損益
14年3月期(2Q) 2万3000円 △5697万円 △2371万円
前年同期 3943万円 △6461万円 △6685万円
通期予想 2億7000万円 △6600万円 △7300万円

業績悪化に伴う積極的な人員削減が裏目となり、主力だったIT事業の縮小を余儀なくされたほか、新規の営業活動が行えないなど深刻な人員不足に陥っており、結果として売上高はカード事業の2万3000円のみとなり、また、第2四半期末時点で5億5800万円の債務超過に陥るなど厳しい状況が続いています。

今後は太陽光発電事業への注力により売上計上を目指すものの、後発となることに加え競争激化が予想されることから苦戦が続きそうです。

2014年3月期第2四半期決算短信:インスパイアー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事