不景気.com > 国内倒産 > 千葉の元・機械製造「五十嵐管理」に特別清算開始決定

千葉の元・機械製造「五十嵐管理」に特別清算開始決定

千葉の元・機械製造「五十嵐管理」に特別清算開始決定

官報によると、千葉県千葉市に本拠を置いていた元・機械製造業の「五十嵐管理株式会社」は、11月6日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1946年に救命設備の製造を目的に個人創業し、1952年に「五十嵐工業株式会社」として法人化した同社は、土木・建築・造船業向け機械の製造や、トンネル・地下鉄・下水道などシールド工事用コンクリート型枠の製造を手掛けていました。

しかし、景気低迷に伴う建設不況などの影響で受注が大幅に減少すると、資金繰りの悪化から経営不振に陥ったため、営業継続を目的として新・五十嵐工業を設立し事業を継承する一方、自らは清算目的会社として現商号へ改称し事後処理を進めていました。

信用調査会社の東京経済によると、負債総額は約12億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事