不景気.com > 国内倒産 > 羽田共生病院運営の「医療法人社団赤仁会」に破産開始決定

羽田共生病院運営の「医療法人社団赤仁会」に破産開始決定

羽田共生病院運営の「医療法人社団赤仁会」に破産開始決定

東京都板橋区に本拠を置く病院経営の「医療法人社団赤仁会」は、11月18日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1956年に設立の同法人は、大田区羽田にて「羽田共生病院」の経営を手掛け、病床数は70床で消化器外科をはじめ一般外科・一般内科・小児科などの診療を行っていました。

しかし、業績の悪化や理事長の交代などの経営不振が明らかになると、職員の給与未払いや不動産の差押えを受けるなど休診を余儀なくされ、その後は債権者から破産を申し立てられ今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京経済によると、負債総額は約11億9000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事