不景気.com > 海外リストラ > 英銀大手「バークレイズ」が1700名の削減へ、店舗要員中心

英銀大手「バークレイズ」が1700名の削減へ、店舗要員中心

英銀大手「バークレイズ」が1700名の削減へ、店舗要員中心

イギリスの大手銀行「バークレイズ」は、2014年内をめどに1700名の人員削減を実施すると発表しました。

対象となるのはイギリス国内の店舗運営や接客に携わる従業員で、退職者には再就職支援などの必要な施策を併せて実施するとのことです。

スマートフォンなどデジタルデバイスの台頭によりインターネットバンキングの利用者が増加している一方、実店舗を利用する顧客が減少していることから、要員配置の適正化によるコスト削減が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

Response to press statement issued by Unite | Barclays

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事