不景気.com > 企業不況 > YAMATOの社長が筆頭株主から債権者破産の申立受ける

YAMATOの社長が筆頭株主から債権者破産の申立受ける

YAMATOの社長が筆頭株主から債権者破産の申立受ける

マザーズ上場で情報セキュリティー・ソフトウェア開発の「YAMATO」は、同社の代表取締役・川合アユム氏に対し、個人株主から債権者破産を申し立てた旨の警告書を受け取ったと発表しました。

その警告書によると、10月9日付で大阪地方裁判所へ川合氏を債務者とする債権者破産を申し立てたとのことで、訴えを起こしたのはYAMATO株式の39.65%を保有する筆頭株主の個人です。

同株主は、今月初めに川合氏の解任を議案とする臨時株主総会の招集を請求しており、赤字が常態化しているのは現経営陣の責任が大きいとして、大株主の立場から経営に関与する意向を表明していました。

なお、同社は川合氏個人宛の警告書につき、現時点での対応は検討していないとのことです。

株主から弊社代表取締役個人宛の警告書受領のお知らせ:YAMATO

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事