不景気.com > 赤字決算 > ヤマダ電機の第2四半期は純損益42億円の赤字見通し

ヤマダ電機の第2四半期は純損益42億円の赤字見通し

ヤマダ電機の第2四半期は純損益42億円の赤字見通し

東証1部上場の家電量販店最大手「ヤマダ電機」は、2014年3月期第2四半期(累計)連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が42億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:ヤマダ電機

売上高 営業損益 純損益
前回予想 9300億円 136億円 49億円
今回予想 8970億円 △24億円 △42億円
前年同期 8060億3600万円 213億8100万円 139億3900万円

テレビやレコーダーなど映像関連商品の低迷が長引いていることに加え、中国における店舗の閉鎖費用や住宅関連事業への先行投資などから営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。なお、通期業績についても下方修正し純損益は81億円の黒字を見込んでいます。

業績予想の修正に関するお知らせ:ヤマダ電機

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事