不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース10/20、倒産や事業撤退が話題に

週刊不景気ニュース10/20、倒産や事業撤退が話題に

週刊不景気ニュース10/20、倒産や事業撤退が話題に

10月14日から20日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や事業撤退の話題が多い1週間となりました。

倒産関連では、大阪の子供服メーカー「フーセンウサギ」と東京のそば店経営「泰尚」が自己破産を申請したほか、沖縄の衣料品販売「マルエー」、北海道のゴルフ場経営「旭川リゾート開発」、北海道の菓子製造「花月」が民事再生法の適用を申請し、また、東京の不動産業「TH販売」が特別清算の開始決定を受けました。

事業撤退や閉鎖の話題では、モバイルコンテンツの「アイフリークホールディングス」が決済サービス事業から撤退、タイヤ大手の「ブリヂストン」が黒磯工場を閉鎖、「高松天満屋」が2014年3月末で閉店することが明らかになりました。

そのほか、「トヨタ自動車」がオーストラリア法人にて100名を削減し、また、すでに募集していた削減策に対し自動車部品メーカーの「ショーワ」で378名が応募したと発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事