不景気.com > 海外リストラ > 米ウォルマートが中国・ブラジルで不採算50店舗を閉鎖へ

米ウォルマートが中国・ブラジルで不採算50店舗を閉鎖へ

米ウォルマートが中国・ブラジルで不採算50店舗を閉鎖へ

アメリカの小売チェーン最大手「ウォルマート・ストアーズ」は、中国およびブラジルにおいて不採算の約50店舗を閉鎖すると発表しました。

中国では約400店舗、ブラジルでは500店舗以上を展開しており、閉鎖されるのは両地域の総店舗数に対し5%相当で、閉鎖時期は主に2014年1月期第4四半期となる見通しです。

中国およびブラジルは新興国の旗手として目覚ましい経済発展を遂げたものの、近年は成長が鈍化傾向にあることから、両地域における戦略の見直しが必要と判断し今回の施策を決定したようです。

Walmart announces FY2015 global capital expenditure plan

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事