不景気.com > 国内倒産 > 石川のゴルフ場「ツインフィールズ」に会社更生決定、負債189億

石川のゴルフ場「ツインフィールズ」に会社更生決定、負債189億

石川のゴルフ場「ツインフィールズ」に会社更生決定、負債189億

石川県金沢市に本拠を置くゴルフ場運営の「ツインフィールズ」は、10月10日付で大阪地方裁判所より会社更生手続の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1989年に設立の同社は、1992年に小松市でゴルフ場「ツインフィールズ」をオープン。同ゴルフ場はゴールドコースとダイヤモンドコースの2コースからなる全36ホールの丘陵コースで、両コースともにプロトーナメントで使用されるなど高い評価を得ていました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みや預託金返還請求などから資金繰りが悪化したため、2012年8月27日付で金沢地方裁判所へ民事再生法の適用を申請した一方、経営陣の交代を求める会員により会社更生法の適用を申し立てられるなど再生手法について双方の意見が対立し、5月には再生手続の中止決定を受け事後について審理が続いていました。

民事再生法申請時の負債総額は約189億7000万円です。

 

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事