不景気.com > 買収合併 > 東京都民銀行と八千代銀行が経営統合へ、14年10月めど

東京都民銀行と八千代銀行が経営統合へ、14年10月めど

東京都民銀行と八千代銀行が経営統合へ、14年10月めど

東証1部上場の地方銀行「東京都民銀行」と同じく東証1部上場の第二地方銀行「八千代銀行」は、2014年10月1日をめどに経営統合することで基本合意したと発表しました。

持株会社を設立し両行が傘下に収まる方法で統合し、両行合わせた預金残高は4兆3963億円・貸出金残高は3兆1638億円で、全国地銀のなかで20位程度の規模となる見通しです。

競争が激化するなか、東京都および神奈川県北東部における存在感の強化が目的で、両行は重複する店舗が少ないことや、中堅・中小企業が主要取引先の東京都民銀行と中小・零細企業が主要取引先の八千代銀行とで相互補完の関係にあることなどから今回の決定に至ったようです。

東京都民銀行と八千代銀行の経営統合検討に関する基本合意について

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事