不景気.com > 国内倒産 > 宮城のエステ「REジャパン」(旧・東北医療器械)が自己破産へ

宮城のエステ「REジャパン」(旧・東北医療器械)が自己破産へ

宮城のエステ「REジャパン」(旧・東北医療器械)が自己破産へ

宮城県仙台市に本拠を置くエステサロン経営の「REジャパン」(旧商号:東北医療器械)は、10月22日付で事後処理を弁護士に一任し、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1979年に設立の同社は、健康器具の販売を創業事業とし、その後はエステサロン経営に進出すると、東北地区のみならず北海道・関東・北陸にも営業エリアを拡大するなど業績は好調に推移していました。

しかし、従業員に休業手当を支払ったかのように装い宮城県労働局から雇用調整助成金824万円を不正受給したとして、今年7月に当時の社長ら2人が逮捕されると信用が失墜し、その後は現商号へ改称し事業継続を目指したものの、信用回復は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチによると、負債総額は約10億円の見通しです。

REジャパンが破産申請へ - ライブドアニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事