不景気.com > 企業不況 > 東京テアトルが子会社「テアトルソフトウェア」を解散

東京テアトルが子会社「テアトルソフトウェア」を解散

東京テアトルが子会社「テアトルソフトウェア」を解散

東証1部上場で映画興行・配給の「東京テアトル」は、100%出資子会社の「テアトルソフトウェア」(東京都港区)を解散しソフトウェア開発事業から撤退すると発表しました。

1974年に設立の同子会社は、ソフトウェアの開発を主力に事業を展開していたものの、近年は受注減や新規顧客の獲得不振により債務超過に陥るなど業績が悪化していることから、同事業の継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、10月31日付で同子会社にて解散を決議する予定で、この件に伴う連結業績への影響は織り込み済みとのことです。

子会社の解散およびソフトウエア開発事業の終了に関するお知らせ:東京テアトル

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事