不景気.com > 国内倒産 > 岩手のスポーツ用品販売「タケダスポーツ」が民事再生法申請

岩手のスポーツ用品販売「タケダスポーツ」が民事再生法申請

岩手のスポーツ用品販売「タケダスポーツ」が民事再生法申請

岩手県盛岡市に本拠を置くスポーツ用品販売の「タケダスポーツ」は、9月30日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1954年に創業の同社は、岩手をはじめ青森・秋田・山形などでスポーツ用品店の経営を手掛け、スキーブームに乗って店舗網を急拡大したほか、テレビCMの積極化による認知度アップを図るなど業績は好調に推移していました。

しかし、スキーブームの終焉や競合大手の商圏進出などから業績が悪化すると、不採算店舗の閉店による生き残りを目指したものの収益改善には至らず、遂に資金繰りの行き詰まりから自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約54億円の見通しで、スポーツ用品販売大手「ゼビオ」の支援により再生を目指す方針です。

タケダスポーツが民事再生法申請 (東京商工リサーチ) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事