不景気.com > 国内倒産 > 東京のそば屋「泰尚」に破産決定、店員が洗浄機に入り問題に

東京のそば屋「泰尚」に破産決定、店員が洗浄機に入り問題に

東京のそば屋「泰尚」に破産決定、店員が洗浄機に入り問題に

東京都多摩市でそば店を経営していた「泰尚」は、10月9日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1987年に設立の同社は、多摩市内の京王線・小田急線永山駅の近くでそば・うどん料理を提供する飲食店を経営するほか、町田市内にも2店舗を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、今年8月にアルバイト店員が厨房内の洗浄機に入った写真をツイッターへ投稿すると、瞬く間にインターネット上へ拡散し問題が表面化、店舗へは苦情が相次ぐなど営業継続が困難な状況に追い込まれたため、やむなく今回の措置に至ったようです。

負債総額は約3000万円の見通しです。

店員が洗浄機に入った蕎麦屋が破産 (東京商工リサーチ) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事