不景気.com > 企業不況 > セキが債権4.99億円取立不能のおそれ、取引先の銀行取引停止

セキが債権4.99億円取立不能のおそれ、取引先の銀行取引停止

セキが債権4.99億円取立不能のおそれ、取引先の銀行取引停止

ジャスダック上場の印刷業「セキ」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の和洋紙卸業「ユーピテル」(東京都港区)が10月3日付で手形交換所による銀行取引停止処分を受けたための措置で、債権額は売掛金など4億9900万円(最近事業年度末の純資産に対し4.1%相当)の見込みです。

なお、当該債権のうち引当済みでない残りの債権については、2014年3月期第2四半期決算において引当処理を行ったとのことです。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:セキ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事