不景気.com > 国内倒産 > 兵庫の産科「パルモア病院」が民事再生法申請、負債15億円

兵庫の産科「パルモア病院」が民事再生法申請、負債15億円

兵庫の産科「パルモア病院」が民事再生法申請、負債15億円

兵庫県神戸市に本拠を置く産科・小児科病院の「医療法人財団パルモア病院」は、10月30日付で大阪地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したとホームページ上で発表しました。

1956年に開業の同病院は、出産を産科・小児科の両面からサポートする周産期医療施設として高い評価を獲得し、2007年にはユニセフ・WHOから「赤ちゃんにやさしい病院」の認定を受けたほか、テレビや雑誌などのメディアにも取り上げられるなど抜群の知名度を誇っていました。

しかし、資金的な繋がりのあった英会話スクール運営「準学校法人パルモア学院」との間で貸付金や不動産の所有権に絡む係争が続いたことに加え、病院移転計画においても同法人との間で新たな係争が発生したことで資金繰りが行き詰まったため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

なお、同病院によると分娩予約や各診療科の受診などこれまで通りの診療を続けるとのことで、東京商工リサーチによると2013年3月期末時点の負債総額は約15億円です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事