不景気.com > 企業不況 > 大阪の駐車場整備「大阪市道路公社」が解散へ、負債334億円

大阪の駐車場整備「大阪市道路公社」が解散へ、負債334億円

大阪の駐車場整備「大阪市道路公社」が解散へ、負債334億円

大阪市の外郭団体「大阪市道路公社」は、2014年3月末までに解散する見通しが明らかになりました。

1994年に大阪市の全額出資により設立された同公社は、違法駐車の解消を目的として公共駐車場の整備・運営を主力に事業を展開するほか、なみはや大橋や菅原城北大橋など有料橋の整備・運営も手掛けていました。

しかし、民間駐車場の増加により利用率が低迷したほか、競争激化による駐車料金の値下げなどで収益が悪化したため、市が「第三セクター等改革推進債」を発行し債務を肩代わりするかたちで解散の決定に至ったようです。

負債総額は約334億円の見通しです。

大阪市道路公社を解散方針 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事