不景気.com > 国内リストラ > コニカミノルタがHDD用ガラス基板事業から撤退

コニカミノルタがHDD用ガラス基板事業から撤退

コニカミノルタがHDD用ガラス基板事業から撤退

東証1部上場で複合機など電気機器製造の「コニカミノルタ」は、HDD用ガラス基板の製造・販売から撤退すると発表しました。

主にノートPC向けHDD用に2.5インチガラス基板の製造・販売を手掛けてきたものの、ノートPCにおいてフラッシュメモリを用いた記憶装置のSSDへ移行が進んでいることに加え、スマートフォンやタブレット端末の台頭によるノートPC市場の縮小も重なっているため、同事業の継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は11月に同製品の生産を終了、12月に販売を終了する予定で、事業撤退損として168億円の特別損失を計上する方針です。

HDD用ガラス基板事業撤退の決定に関するお知らせ | コニカミノルタ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事