不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース9/15、倒産やリストラが相次ぐ

週刊不景気ニュース9/15、倒産やリストラが相次ぐ

週刊不景気ニュース9/15、倒産やリストラが相次ぐ

9月9日から15日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産やリストラの話題が多い1週間となりました。

倒産関連では、東京の半導体製造装置販売「ラップマスターエスエフティ」が自己破産を申請予定のほか、青森の温泉ホテル「まかど温泉ホテル」と長崎のコイル製造「太陽光機」が民事再生法の適用を申請し、エスコム子会社の「インストラクティービー」、長崎の旅館経営「YATARO」、茨城の電子部品製造「ロームつくば」が特別清算の開始決定もしくは申請見通しを明らかにしました。

人員削減では、プリント基板用露光装置製造の「アドテックエンジニアリング」で20名、飲料用ガラス瓶メーカーの「日本山村硝子」で70名を削減するほか、すでに募集していた削減策に対しメッキ・表面処理加工の「山王」で30名、物流業の「日本通運」で764名がそれぞれ応募したと発表しました。

一方、家電量販店大手の「コジマ」が4つのプロスポーツチーム・スポンサーから撤退し、日経BPがパソコン月刊誌「日経WinPC」を休刊すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事