不景気.com > 買収合併 > マドラスが破綻した「クラウン製靴」の支援スポンサーへ

マドラスが破綻した「クラウン製靴」の支援スポンサーへ

マドラスが破綻した「クラウン製靴」の支援スポンサーへ

高級革靴メーカーの「マドラス」は、2月22日付で民事再生法の適用を申請した「クラウン製靴」(東京都調布市)との間で支援スポンサー契約を締結し、靴事業の全てを譲り受けたと発表しました。

1958年に設立のクラウン製靴は、「キャサリン・ハムネット」「カステルバジャック」「ランバン」など高級革靴の企画・製造・販売を主力に事業を展開していたものの、同社の株主で仕入先の皮革類卸「櫛原」が破産手続の開始決定を受けたことで資金繰りが悪化したため、約36億7000万円の負債を抱え民事再生法の適用を申請していました。

一方、マドラスとしても、クラウン製靴の高い商品開発力や販売網がシナジー効果を生むと判断し再生支援および事業譲受の決定に至ったようです。

最新情報2013年|マドラス

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事