不景気.com > 国内倒産 > 秋田の宿泊施設「八郎潟ハイツ」が自己破産申請し倒産へ

秋田の宿泊施設「八郎潟ハイツ」が自己破産申請し倒産へ

秋田の宿泊施設「八郎潟ハイツ」が自己破産申請し倒産へ

秋田県潟上市で宿泊施設を運営する「八郎潟ハイツ」は、9月15日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

同社が運営するのは客室数22室に会議室などを備えた宿泊施設で、会議・研修旅行や合宿など団体客に多く利用され、八郎潟の田園風景や男鹿半島の山々を見渡す景色が評判となっていました。

しかし、東日本大震災に伴う利用客の減少で業績が悪化すると、その後も客足の落ち込みが続いたことから、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

秋田魁新報社(電子版)によると、負債総額は約6000万円の見通しです。

 「八郎潟ハイツ」事業停止、破産申請へ 従業員31人は解雇 - 47NEWS

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事