不景気.com > 買収合併 > 米グーグルが連絡先交換アプリ開発の「BUMP」を買収

米グーグルが連絡先交換アプリ開発の「BUMP」を買収

米グーグルが連絡先交換アプリ開発の「BUMP」を買収

インターネットサービス大手の「グーグル」が、アメリカのアプリケーション開発「BUMP」を買収したことが明らかになりました。

2008年に設立のBUMPは、スマートフォン同士をぶつけることで連絡先やファイルの交換が可能となるアプリ「BUMP」の開発元で、そのほかにも写真共有アプリの「Flock」を開発するなど高い評価を得ていました。

反面、BUMPはビジネスモデルが確立できず収益化が困難となっていることから、グーグルの傘下入りが得策と判断し今回の決定に至ったようで、当面は現行の開発・アプリ提供体制を維持するとのことです。

Bump Blog -- We're excited to announce that the Bump team is...

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事