不景気.com > 海外倒産 > 米誌ペントハウス発行「Friend Finder」が破産法第11章申請

米誌ペントハウス発行「Friend Finder」が破産法第11章申請

米誌ペントハウス発行「Friend Finder」が破産法第11章申請

アメリカのフロリダ州に本拠を置く出版・インターネットサービスの「FriendFinder Networks」は、9月17日付でデラウェア州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

同社は、男性向け雑誌として人気の高い「ペントハウス」の発行元だった「Penthouse Media Group」が、世界各国にて出会い系サイト「フレンドファインダー」などを運営する「Various」を2007年に買収し現商号へ改称、その後は出版およびインターネットサービスを軸に事業を展開していました。

しかし、インターネットの普及に伴い出版部門の業績が悪化する一方、出会い系サービスでは競争激化による収益の悪化で資金繰りが逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

裁判所への提出資料によると、負債総額は6億6200万ドル(約660億円)の見通しです。

FriendFinder Networks | A leading Internet-based social networking company

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事