不景気.com > 赤字決算 > ヤマダ電機の第1四半期は純損益58.08億円の赤字転落

ヤマダ電機の第1四半期は純損益58.08億円の赤字転落

ヤマダ電機の第1四半期は純損益58.08億円の赤字転落

東証1部上場の家電量販店最大手「ヤマダ電機」は、2014年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が58億800万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2014年3月期第1四半期連結業績:ヤマダ電機

売上高 営業損益 純損益
14年3月期(1Q) 4289億1000万円 △38億8800万円 △58億800万円
前年同期 3821億4900万円 73億7500万円 42億4200万円
通期予想 1兆9410億円 459億円 238億円

家電エコポイント制度に伴う需要先食いの反動で映像関連商品の低迷が依然として続いているほか、中国における南京店・天津店の閉鎖に伴い貸倒引当金として72億8700万円、関係会社整理損失引当金として37億3400万円の特別損失をそれぞれ計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2014年3月期第1四半期決算短信:ヤマダ電機

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事