不景気.com > 国内倒産 > JQ上場の物流業「ワールド・ロジ」が破産開始決定受け倒産

JQ上場の物流業「ワールド・ロジ」が破産開始決定受け倒産

JQ上場の物流業「ワールド・ロジ」が破産開始決定受け倒産

ジャスダック上場で大阪市住之江区に本拠を置く物流業の「ワールド・ロジ」は、8月30日付で大阪地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したと発表しました。

1997年に設立の同社は、サード・パーティー・ロジスティックス業務を主力に事業を展開していたものの、企業買収の費用や積極的な設備投資が裏目となったことで、2012年6月期には58億8500万円の債務超過に陥るなど業績が悪化したため、取引金融機関からの金融支援を目的として3月11日付で事業再生ADR手続を申請し再建を目指していました。

しかし、金融機関との調整が整わない見通しとなったことから、6月11日付で同手続の成立を断念し利用申請を取り下げると、更なる資金繰りの悪化により事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

2013年8月30日現在の負債総額は約79億5400万円で、同社株式は9月13日まで整理銘柄に指定された後、9月14日付で上場廃止となります。

破産手続の申立に関するお知らせ:ワールド・ロジ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事