不景気.com > 国内倒産 > 青森のおつまみ製造「上沢食品工業」が事業停止し弁護士一任

青森のおつまみ製造「上沢食品工業」が事業停止し弁護士一任

青森のおつまみ製造「上沢食品工業」が事業停止し弁護士一任

青森県八戸市に本拠を置くおつまみ製造の「上沢食品工業」は、8月27日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1954年に創業の同社は、ほたて・するめ・イカなどの海鮮類をはじめ、黒にんにく・ごぼうなど青森県特産の素材を使用した食品加工を主力に事業を展開し、「味の東北屋」の名称で通販や卸販売も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、食の多様化や原材料価格の高騰などから業績が悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

東奥日報(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約2億2000万円の見通しです。

上沢食品工業が事業停止 - 47NEWS(よんななニュース)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事