不景気.com > 国内倒産 > 神奈川のスーパー経営「松慶」が民事再生法申請

神奈川のスーパー経営「松慶」が民事再生法申請

神奈川のスーパー経営「松慶」が民事再生法申請

神奈川県川崎市に本拠を置くスーパーマーケット経営の「松慶」は、8月28日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1909年(明治42年)に地元特産品のいちじく・長十郎梨・浅草海苔などを販売する商店として創業の同社は、1951年に法人化するとスーパーのテナントとして青果売場の出店に軸足を移し、その後は1976年に川崎大師で「スーパーマツケイ」をオープンすると、近年は「ユアーズ松慶」の屋号で事業を展開するほか回転寿司店を経営するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、大手スーパーの進出による競争激化も重なり資金繰りが逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

神奈川新聞(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約4億円の見通しです。

スーパーの松慶が民事再生法申請、負債総額4億円 - 47NEWS

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事