不景気.com > 赤字決算 > オリンパスの第1四半期は純損益18.31億円の赤字継続

オリンパスの第1四半期は純損益18.31億円の赤字継続

オリンパスの第1四半期は純損益18.31億円の赤字継続

東証1部上場の光学機器メーカー「オリンパス」は、2014年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が18億3100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2014年3月期第1四半期連結業績:オリンパス

売上高 営業損益 純損益
14年3月期(1Q) 1592億2900万円 81億6600万円 △18億3100万円
前年同期 1895億4200万円 21億1800万円 △44億5600万円
通期予想 7000億円 710億円 300億円

医療事業が好調だったものの、情報通信事業の売却やデジタルカメラ市場の縮小などで売上高は前年同期を下回ったほか、刑事訴訟に係る罰金として7億円の特別損失を計上したことや過年度法人税などとして14億7600万円を計上したことから、純損益は赤字継続となりました。なお、通期業績については従来の予想を据え置いています。

2014年3月期第1四半期決算短信:オリンパス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事