不景気.com > 国内倒産 > 宮城の牛乳製造「ミルクファーム蔵王」が破産開始決定受け倒産

宮城の牛乳製造「ミルクファーム蔵王」が破産開始決定受け倒産

宮城の牛乳製造「ミルクファーム蔵王」が破産開始決定受け倒産

宮城県白石市に本拠を置く乳製品製造の「ミルクファーム蔵王」は、7月30日付で仙台地方裁判所大河原支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1995年に地元農協や生協・民間企業などの出資により設立の同社は、スーパーや生協などを取引先として牛乳をはじめとする乳製品の製造販売を主力に事業を展開するほか、牧場敷地内にてレストランや売店・動物ふれあい広場の運営を手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、乳製品需要の落ち込みなどから売上が減少すると、東日本大震災に伴う原発事故の風評被害も重なり業績が悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約4億円の見通しです。

朝日新聞デジタル:ミルクファーム蔵王が破産

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事