不景気.com > 国内倒産 > 広島の婦人服製造「藤川」が自己破産申請し倒産

広島の婦人服製造「藤川」が自己破産申請し倒産

広島の婦人服製造「藤川」が自己破産申請し倒産

信用調査会社の東京経済によると、広島県福山市に本拠を置く婦人服製造の「藤川」は、8月6日付で広島地方裁判所福山支部へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1971年に設立の同社は、自社で立ち上げた高齢女性向けブランドや社交ダンス向けブランドの展開を主力とし、百貨店や量販店・スーパーなどに店舗を構えたほか、東京・大阪・岐阜に拠点・デザインルームを開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みで売上が減少すると、製造単価の増加による採算の悪化も重なり資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

同信用調査会社によると、負債総額は約13億8000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事