不景気.com > 国内倒産 > 美容機器販売の「ベレッツアクラブジャパン」が特別清算申請

美容機器販売の「ベレッツアクラブジャパン」が特別清算申請

美容機器販売の「ベレッツアクラブジャパン」が特別清算申請

東京都中央区に本拠を置く美容関連機器販売の「ベレッツアクラブジャパン」は、8月6日付で東京地方裁判所へ特別清算を申請したことが明らかになりました。

1990年に旧ブラザー販売の出資により設立の同社は、美顔器など美容関連機器の販売を主力に事業を展開し、1999年には親会社の旧ブラザー販売が経営不振により東証・名証1部上場の「ブラザー工業」に吸収合併されたことで、ブラザー工業の子会社となっていました。

その後は販売不振だった美容関連機器事業を終了するとともに、ブラザー工業に対し債務返済を進めていたものの、大幅な債務超過に陥るなど厳しい財務状況の中、これ以上の返済は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は、ブラザー工業に対し約158億円の見通しです。

債権の取立不能のおそれに関するお知らせ:ブラザー工業

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事