不景気.com > 赤字決算 > 吉野家の第1四半期は純損益4.97億円の赤字継続

吉野家の第1四半期は純損益4.97億円の赤字継続

吉野家の第1四半期は純損益4.97億円の赤字継続

東証1部上場の牛丼チェーン大手「吉野家ホールディングス」は、2014年2月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が4億9700万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2014年2月期第1四半期連結業績:吉野家ホールディングス

売上高 営業損益 純損益
14年2月期(1Q) 425億3700万円 △7億5600万円 △4億9700万円
13年2月期(1Q) 399億100万円 3億400万円 △1億2600万円
通期予想 1730億円 30億円 10億円

主力の国内吉野家事業において、牛丼の値下げ戦略が好走し売上高は前年同期比で6.6%の増収となったものの、客単価の下落や原材料の高止まりで採算性が悪化したほか、広告宣伝費が増加したことから、営業損益・純損益ともに赤字となりました。なお、通期連結業績については従来の予想を据え置いています。

2014年2月期第1四半期決算短信:吉野家ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事