不景気.com > 企業不況 > ワールド・ロジを監理銘柄(確認中)に指定、上場廃止基準接触

ワールド・ロジを監理銘柄(確認中)に指定、上場廃止基準接触

ワールド・ロジを監理銘柄(確認中)に指定、上場廃止基準接触

大阪証券取引所は、ジャスダック上場の物流業「ワールド・ロジ」を7月2日付で監理銘柄(確認中)に指定すると発表しました。

これは、同社が2013年6月期決算において2期連続での債務超過に陥る見込みを明らかにしたための措置で、9月下旬に提出が予定される有価証券報告書により債務超過が確認された場合は上場廃止となります。

積極的な買収や設備投資が裏目となり業績が悪化した同社は、事業再生ADR手続による再建を目指したものの、取引金融機関との調整が整わない見通しとなったため、6月11日付で同手続の成立を断念し利用申請を取り下げていました。

今後は、有価証券報告書を提出した時点で整理銘柄に指定され、その1ヶ月後に上場廃止となる見通しで、同社によると引き続き上場維持を目指すものの状況は非常に厳しいとのことです。

株式の監理銘柄(確認中)の指定:ワールド・ロジ | 大阪証券取引所

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事