不景気.com > 企業不況 > ウィルコムの会社更生手続が終結、ソフトバンク子会社化も完了

ウィルコムの会社更生手続が終結、ソフトバンク子会社化も完了

ウィルコムの会社更生手続が終結、ソフトバンク子会社化も完了

2010年2月に会社更生法の適用を申請し再建を目指していた国内唯一のPHS事業者「ウィルコム」は、7月1日付で東京地方裁判所より会社更生手続終結の決定を受けたと発表しました。

1994年に「DDIポケット」として設立の同社は、音声通話定額制をいち早く導入するなどビジネスマンや学生を中心に人気を得たものの、競争激化に伴う利用者数の減少に加え、次世代高速通信への設備投資で資金繰りが逼迫したため、2010年2月に2000億円超の負債を抱え会社更生法の適用を申請していました。

その後は更生計画に基づき更生債権など約410億円の弁済を進める一方、ソフトバンクの支援により着実な業績回復を遂げたことから、更生債権の残額となる約271億円を一括繰上弁済し今回の手続終結となりました。また、同手続の終結に伴い、同日付でソフトバンクによる連結子会社化も完了しました。

更生手続終結決定のお知らせ | ウィルコム(WILLCOM)

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事