不景気.com > 国内倒産 > 兵庫の商業施設運営「ヨーカタウン」が自己破産申請し倒産へ

兵庫の商業施設運営「ヨーカタウン」が自己破産申請し倒産へ

兵庫の商業施設運営「ヨーカタウン」が自己破産申請し倒産へ

神戸新聞(電子版)などによると、兵庫県養父市に本拠を置く商業施設運営の「ヨーカタウン」は、事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1979年に設立の同社は、養父市内にて店舗集積型のショッピングモール「ショッピングタウンペア」の運営を主力に事業を展開し、スーパーや飲食店・専門店などがテナントとして出店し地元の人々を中心に親しまれてきました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、大手スーパーなどによる大型ショッピングセンターの進出などで競争が激化すると、今年3月には中核店舗だった地元資本のスーパー「トヨダ」が撤退したことで集客に困難となり、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約9億円の見通しです。

養父のショッピングタウンペア 自己破産申請へ - 47NEWS(よんななニュース)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事