不景気.com > 国内倒産 > 子供服「シャーリー・テンプル」のツイニーエンドが破産申請へ

子供服「シャーリー・テンプル」のツイニーエンドが破産申請へ

子供服「シャーリー・テンプル」のツイニーエンドが破産申請へ

東京都港区に本拠を置く子供服製造販売の「ツイニーエンド」(旧商号:シャーリー・テンプル)は、7月11日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1974年に創業の同社は、人気子供服ブランド「シャーリー・テンプル」の展開を手掛け、百貨店を中心に日本全国へ店舗網を拡大したほか、1989年には韓国・ソウル、翌1990年には香港、1993年には中国・上海に進出するなど積極的な事業展開を見せていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや低価格品の台頭などで業績が悪化すると、自社ビルの売却などリストラ策を進めたほか、6月には15店舗を閉鎖するなど生き残りを目指したものの、資金繰りは改善せず事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約8億7200万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事