不景気.com > 雇用問題 > 11都道府県で最低賃金が生活保護水準を下回る

11都道府県で最低賃金が生活保護水準を下回る

11都道府県で最低賃金が生活保護水準を下回る

厚生労働省が公表した「中央最低賃金審議会目安に関する小委員会」の資料によると、全国11都道府県で最低賃金が生活保護の水準を下回っていることが明らかになりました。

最低賃金が生活保護の水準を下回っているのは、北海道・青森・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・京都・大阪・兵庫・広島の11都道府県で、大都市を抱える自治体において生活保護が増加したことに加え、最低賃金で働く労働者における社会保障費の増加が要因と考えられます。

最低賃金が生活保護水準を下回ることで労働意欲の欠如に繋がる可能性があることから、政府は生活保護費の減額および最低賃金の増額を目指し協議を続ける方針です。

目安に関する小委員会審議会資料|厚生労働省

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事