不景気.com > 赤字決算 > 富士通の第1四半期は純損益219億円の赤字継続

富士通の第1四半期は純損益219億円の赤字継続

富士通の第1四半期は純損益219億円の赤字継続

東証・名証1部上場の電機大手「富士通」は、2014年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が219億8300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2014年3月期第1四半期連結業績:富士通

売上高 営業損益 純損益
14年3月期(1Q) 9992億3300万円 △228億3600万円 △219億8300万円
前年同期 9573億7000万円 △267億3900万円 △254億9200万円
通期予想 4兆5500億円 1400億円 450億円

為替の円安傾向などもあり売上高は前年同期比で増収となったものの、携帯電話やパソコンなどハードウェア製品の不振により営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2014年3月期第1四半期決算短信:富士通

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事