不景気.com > 企業不況 > ファンコミュニケーションズが仕事マッチング子会社の事業を終了

ファンコミュニケーションズが仕事マッチング子会社の事業を終了

ファンコミュニケーションズが仕事マッチング子会社の事業を終了

ジャスダック上場のインターネット広告大手「ファンコミュニケーションズ」は、7月31日をもって100%出資子会社「セルフエンプロイド」(東京都渋谷区)の事業を終了すると発表しました。

2012年3月に設立の同子会社は、インターネット上での仕事の受託・委託を目的としたマッチングサイトの企画・運営を展開しているものの、グループにおける経営体制の効率化を目的として同事業の終了を決定したようです。

同社では、6月をもってソーシャルメディアマーケティング子会社「アドボカシ」の事業も終了しており、事業の見直しを積極化させています。なお、この件による連結業績への影響はないとのことです。

ファンコミュニケーションズ|子会社の事業終了に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事