不景気.com > 海外倒産 > 米デトロイト市が破産法第9条を申請、負債1.8兆円

米デトロイト市が破産法第9条を申請、負債1.8兆円

米デトロイト市が破産法第9条を申請、負債1.8兆円

アメリカ・ミシガン州の「デトロイト市」は、7月18日付でミシガン州東部の連邦破産裁判所へ破産法第9条を申請したことが明らかになりました。

アメリカの中西部に位置する同市は、自動車産業の中心都市として世界的な知名度を有し、人口は最も多いときで約180万人を数えたほか、大手自動車メーカーの「GM」が本社を構えるなど名実ともに大都市として知られていました。

しかし、景気低迷に伴う自動車産業の衰退で人口は約70万人まで減少すると、税収の落ち込みなどから財政が逼迫したため、自力での再建は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約180億ドル(約1兆8000億円)で、自治体の破綻では同国最大となります。

City of Detroit | Official City of Detroit Web site

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事