不景気.com > 海外倒産 > 独太陽電池大手の「コナジー」が破産法を申請、負債440億円

独太陽電池大手の「コナジー」が破産法を申請、負債440億円

独太陽電池大手の「コナジー」が破産法を申請、負債440億円

フランクフルト証券取引所上場でドイツの太陽電池メーカー大手「コナジー」は、7月5日付でハンブルグ地方裁判所へ破産法の適用を申請したと発表しました。

1998年に設立の同社は、太陽電池などのクリーンエネルギーに対する欧州各国の財政支援により事業を拡大すると、最盛期には欧州最大手の太陽光パネルメーカーに成長を遂げるなど好調な業績を誇っていました。

しかし、中国をはじめとする新興国メーカーとの価格競争の激化で採算が悪化すると、債権者との資金支援に関する協議が不調に終わったことから、自力での再建を断念し今回の措置となったようです。

2013年3月末時点の負債総額は3億3970万ユーロ(約440億円)です。

Conergy AG files for open insolvency proceedings - Conergy AG

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事