不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース、倒産やリストラが多い1週間

週刊不景気ニュース、倒産やリストラが多い1週間

週刊不景気ニュース、倒産やリストラが多い1週間

6月10日から16日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産やリストラの話題が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、東京の管工事「日管工業」、岩手の豆腐製造「平川食品」、愛知の投資会社「K&A」となり、また、高知の洋菓子店経営「コリーヌ」が民事再生法の適用を申請し、投資業の「エヌ・アイ・ストラテジック・パートナーズ」と場外車券売場運営の「サテライト朝日」が特別清算の開始決定を受けました。

海外では、アメリカの鉛バッテリー大手「エキサイドテクノロジーズ」と封筒製造大手の「ナショナル・エンベロープ」が破産法第11章を申請し、「日本タングステン」の中国子会社「四平恩悌タングステン高新技術材料有限公司」が会社更生手続の申請見通しを明らかにしました。

一方、人員削減策を発表したのは、自動車部品メーカーの「ショーワ」で300名、電子・光学機器製造の「テクノホライゾン・ホールディングス」で40名、フランスの大手タイヤメーカー「ミシュラン」がコロンビアで460名となりました。

また、上場企業の動向では、宝飾品販売の「クロニクル」が四半期報告書の提出遅延による上場廃止のおそれを表明し、物流業の「ワールド・ロジ」が事業再生ADR手続の成立を断念すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事