不景気.com > 海外倒産 > 米保証会社の「トリアド・ギャランティー」が破産法第11章を申請

米保証会社の「トリアド・ギャランティー」が破産法第11章を申請

米保証会社の「トリアド・ギャランティー」が破産法第11章を申請

アメリカの金融保証会社「トリアド・ギャランティー」は、6月3日付でデラウェア州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

1987年に設立の同社は、住宅ローンに対する金融保証業務を主力に事業を展開し、不動産市場の活況に合わせ事業を拡大していました。

しかし、サブプライムローン問題を発端とする不動産市場の急転で損失が拡大すると、市況回復の遅れから収益の低迷も続いたため、資金繰りの行き詰まりから法的整理の道に至ったようです。

支援スポンサーが見つからない場合は会社清算となる見通しです。

Triad Guaranty Insurance Building - Investor Relations - Press Release

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事