不景気.com > 企業不況 > 群馬の「館林市土地開発公社」が解散へ、負債34億円

群馬の「館林市土地開発公社」が解散へ、負債34億円

群馬の「館林市土地開発公社」が解散へ、負債34億円

群馬県館林市の外郭団体「館林市土地開発公社」は、2014年3月末をめどに解散する見通しが明らかになりました。

1974年に設立の同公社は、館林市からの依頼による事業用地の先行取得を主力に事業を展開し、2013年3月末時点で14.1ヘクタールの土地を保有していました。

しかし、不動産市況の悪化により土地利用が進まなかったほか、地価下落による保有用地の含み損が増加したことから、市が「第三セクター等改革推進債」を利用し債務を肩代わりするかたちで解散の決定に至ったようです。

なお、2013年3月末時点の負債総額は約34億円です。

東京新聞:土地開発公社解散へ 館林市(TOKYO Web)

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事