不景気.com > 国内倒産 > 山形の場外車券売場運営「サテライト朝日」に特別清算決定

山形の場外車券売場運営「サテライト朝日」に特別清算決定

山形の場外車券売場運営「サテライト朝日」に特別清算決定

官報によると、東京都墨田区に本拠を置く場外車券売場運営の「サテライト朝日」は、6月5日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

2001年に設立の同社は、2005年に山形県朝日町で競輪の場外車券売場を開設し、収容人数1200名のほか250インチオーロラビジョンを備え、いわき平競輪のレースを中心に全国ビックレースの車券販売を行っていました。

しかし、売上は開設当初から低迷し赤字運営が続いたため、2008年9月末をもって同売場を閉鎖し、以後は事後処理を進め今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約23億8000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事