不景気.com > 国内倒産 > 愛媛の和食店経営「さがの」が破産開始決定受け倒産

愛媛の和食店経営「さがの」が破産開始決定受け倒産

愛媛の和食店経営「さがの」が破産開始決定受け倒産

官報によると、愛媛県宇和島市に本拠を置く和食店経営の「さがの」は、6月7日付で愛媛地方裁判所宇和島支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

愛媛新聞(電子版)などが伝えたところによると、1985年に設立の同社は日帰り温浴施設「薬師谷温泉さがの」の経営を主力としたほか、大名庭園「天赦園」の至近にてレストランの経営も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや他施設との競争激化により2011年に温浴施設を閉鎖すると、その後も厳しい環境が続いたことから今回の措置に至ったようです。

負債総額は約8億円の見通しです。

「さがの」が破産手続き 宇和島のレストラン経営:47NEWS(よんななニュース)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事