不景気.com > 国内リストラ > ルネサスエレクトロニクスがLTEモデム事業から撤退

ルネサスエレクトロニクスがLTEモデム事業から撤退

ルネサスエレクトロニクスがLTEモデム事業から撤退

東証1部上場の半導体大手「ルネサス エレクトロニクス」は、12月31日をもって100%出資子会社「ルネサス モバイル」が行う第四世代ワイヤレスモデム(LTEモデム)事業から撤退すると発表しました。

事業撤退の対象となるのは、ルネサスモバイルにおけるフィンランド・インド・中国の現地子会社で、影響を受ける従業員数は約1430名の見通しです。

2010年にフィンランドの携帯電話大手「ノキア」からモデム技術開発部門を買収し同事業へ参入すると、LTEモデム技術の開発・製品化に取り組んできたものの、想定を上回る市場環境の悪化に加え、事業売却の交渉もまとまらなかったことから今回の決定に至ったようです。

第四世代ワイヤレスモデム事業からの撤退に関するお知らせ:ルネサス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事