不景気.com > 不景気ニュース > ラマダホテル大阪が今年末で閉館、名門の旧「東洋ホテル」前身

ラマダホテル大阪が今年末で閉館、名門の旧「東洋ホテル」前身

ラマダホテル大阪が今年末で閉館、名門の旧「東洋ホテル」前身

大阪の名門ホテルとして知られた旧「東洋ホテル」を前身とする「ラマダホテル大阪」(大阪市北区)は、今年末をもって閉館すると発表しました。

1969年に「東洋ホテル」として開業、2006年に「ラマダホテル大阪」へ改称した同ホテルは、地上16階・地下2階・総客室数547室にレストラン・宴会場・結婚式場などを備えるホテルで、東洋ホテル時代には大阪のホテル御三家の一つと数えられるなど高い知名度を有していました。

しかし、景気低迷に伴う個人消費の落ち込みや国内外のホテルチェーンによる大阪進出で競争が激化したことから、2004年の身売りを経て外資系ホテルチェーンに参加するなどテコ入れを図ったものの、依然として厳しい環境が続いているため、営業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

ラマダホテル大阪閉館:RAMADAOSAKA公式Twitter

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事