不景気.com > 海外倒産 > 米ホームセンター「オーチャード・サプライ」が破産法第11章申請

米ホームセンター「オーチャード・サプライ」が破産法第11章申請

米ホームセンター「オーチャード・サプライ」が破産法第11章申請

アメリカのカリフォルニア州に本拠を置くホームセンター経営の「オーチャード・サプライ・ハードウェア」は、6月17日付でデラウェア州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

1931年に創業の同社は、家庭用品からガーデニング・アウトドア用品などを扱うホームセンターの経営を手掛け、カリフォルニア州にて91店舗を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、個人消費の落ち込みやインターネット通販の台頭などで業績が悪化したため、同業大手「ロウズ」への身売りを目指す過程で、債務の削減を目的として破産法の適用申請に至ったようです。

負債総額は約4億8000万ドル(約455億円)の見通しです。

To Our Customers, Suppliers and Business Partners:Orchard

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事